トクサ(木賊・砥草)の育て方!剪定方法や増やし方などをご紹介!

トクサ(木賊・砥草)の育て方!剪定方法や増やし方などをご紹介!

和の雰囲気を醸し出すトクサ。細く直立した節のある姿は青竹のようですが、実はスギナの仲間で花はつくしにそっくりです。和風庭園や生け花に利用されるトクサの育て方を覗いてみませんか。最近では和モダンなテイストでも親しまれているトクサの育て方をご紹介しましょう。

記事の目次

  1. 1.トクサとは
  2. 2.トクサの特徴
  3. 3.トクサの生態・適した環境
  4. 4.トクサの育て方① 土作り
  5. 5.トクサの育て方② 植え付け
  6. 6.トクサの育て方③ 水やり
  7. 7.トクサの育て方④ 剪定方法
  8. 8.トクサの育て方⑤ 増やし方
  9. 9.トクサを育てる前に注意しておきたいこと
  10. 10.まとめ

トクサとは

トクサは、トクサ科、トクサ属の常緑性のシダ植物です。学名をEquisetim hyemale、和名を木賊、砥草とし、別名には歯磨草やヤスリグサ、ミガキグサ、エダウチトクサなどがあります。

地獄草とも呼ばれる

竹のようなすらっと伸びた姿と爽やかで涼しげな青緑色をしていますが、つくしで知られるスギナの仲間で、地下茎で成長します。笹や竹みたいな驚異的なスピードで根を広げ、手に負えなくなるほど増えるので、トクサもスギナと同様に地獄草と呼ばれています。

トクサの原産地

トクサは、北半球の温暖な地域が原産ですが、15種あるうち9種のトクサが日本の北海道から中部地方あたりの山間、水辺などの湿地帯に自生しています。強すぎない日当たりと、わりと湿った土地を好む傾向があり、草丈は30cm~1m程に伸びます。地下茎によって横幅を広げ群生していきますが、竹のような細い茎が真っ直ぐに伸びる様子はとても趣があります。

トクサの特徴

節のある細い青緑色が特徴的で、竹のような姿をしています。一方で、表面は竹のようなツルツルとした手触りではなく、ザラザラとしたヤスリ状になっています。また、つくしのようにも見えるガク(葉)のある茎をしていますが、この茎はつくしと違い、竹のような硬さを持っています。

茎の硬さの秘密

トクサの茎が硬い理由は、トクサの茎の表皮細胞の細胞壁にケイ酸が蓄積しているからなのです。そして、トクサの茎の中は竹のような空洞になっていて、節のある部分で簡単にポキッと折ることができます。

木賊・砥草の由来

トクサは、その特徴であるザラザラとした茎を研磨剤として、昔から民芸品や楽器の仕上げ磨きや爪研ぎに使っていたことから「砥草」と呼ばれるようになりました。また、トクサを乾燥させて生薬として使ったものを「木賊」と呼んでいました。

別名

トクサの別名に「歯磨草」や「ミガキグサ」とあるように、昔は歯磨きにも利用されていたこともあるほど、トクサは天然のヤスリとして人々の日常生活の中でも親しまれ大いに活躍していました。

トクサの生態・適した環境

トクサは、夏の暑すぎる直射日光や西日、強すぎる風や乾燥、霜を嫌います。しかし、これらさえ気を付ければ、耐陰性があるので、あまり日の当たらない場所で育てることも可能です。とはいえ、やはり元気に成長させるためには、ある程度日の当たる環境で湿った場所が適しています。

トクサの育て方① 土作り

こうじや SUNBELLEX 焼成 赤玉土 中粒 14L

出典: Amazon
Amazon

地植えにする場合、特に土質を選ぶ必要はありませんが、砂利が多かったり乾きやすい固い砂土の場合には、保水性を高めるために、腐葉土やバークを2割程度混ぜ込みます。鉢植えにする場合には、地下茎を伸ばすための「深めの鉢」に花や野菜用の培養土に赤玉土を混ぜたり、鹿沼土に砂、赤玉土を混ぜたりして作ります。水はけと保水性があれば、土質は問題ありません。

トクサの育て方② 植え付け

トクサの苗の植え付けは、4月~7月の温暖な時期に行います。植え付けは、直射日光の当たらない日陰で乾燥しすぎない場所を選びましょう。トクサは耐陰性のある植物ですが、日光の当たりが悪すぎる場所では伸びが悪くなります。地植えでは、深さ50cmほど掘り下げ、苗の2~3倍程度の幅を耕して植え付けましょう。

トクサの育て方③ 水やり

トクサは乾燥に弱い植物なので、特に夏場の成長が盛んな時期には、水を欠かさないように注意します。土の表面が乾いたら、たっぷりと水をあげましょう。反対に冬場の成長の落ち着く時期には、根腐れが起こるのを防ぐために土が乾いて2~3日置いてから水をあげるようにします。

トクサの育て方④ 剪定方法

トクサは、特に剪定の必要はありませんが、増え過ぎたり傷んだ茎があれば、思い切って剪定しても大丈夫です。トクサの成長期にあたる春~秋の間は剪定しても新しい茎の成長が期待できますが、成長が緩やかになる冬場は剪定し過ぎて、貧相になってしまわないよう注意しましょう。

次のページでは、トクサの増やし方を紹介するよ!

関連記事

Article Ranking