フイリヤブランとは?その特徴や種類と育て方のコツをご紹介!

フイリヤブランとは?その特徴や種類と育て方のコツをご紹介!

フイリヤブランは明るい葉色をもつ藪蘭の栽培種です。育てやすい初心者向きの植物で、斑入りの葉は日陰の庭が植え場所として適しています。地味な印象ですが、夏の終わりにかわいいムスカリに似た花をつけるフイリヤブランの魅力と育て方を解説します。

記事の目次

  1. 1.フイリヤブラン(斑入り藪蘭)とは?
  2. 2.フイリヤブラン(斑入り藪蘭)の育て方
  3. 3.フイリヤブラン(斑入り藪蘭)の増やし方
  4. 4.まとめ

フイリヤブラン(斑入り藪蘭)とは?

フイリヤブラン(斑入り藪蘭)は常緑宿根草の植物です。和風の庭の下草に植えられていることが多いので、ご覧になったことがあると思います。夏に小さな花をつけ、秋から冬にかけて実をつけます。他の藪蘭と比べると特徴的なのは緑の細葉に薄い黄色や白い線が入り、まるでオリズルランのような明るい印象です。

基本情報

学名 Liliope muscari
和名 斑入り藪蘭
科名 キジカクシ科
属名 ヤブラン属(リリオぺ属)
分類 草花
形態 多年草
開花期 8月~10月
草丈 20~40cm

科名はユリ科で分類されることもあります。

フイリヤブラン(斑入り藪蘭)の特徴

ヤブラン(藪蘭)は日本各地の山野に自生する常緑の多年草です。性質は丈夫で手がかからずに、庭の下草としたりグランドカバーとして利用されています。フイリヤブラン(斑入り藪蘭)はヤブラン(藪蘭)の中の栽培種の一つです。

フイリヤブラン(斑入り藪蘭)葉の特徴

ヤブランもあまり乾燥したひなたを好みませんが、斑入りの種類は斑の部分は葉緑素がないために葉焼けを起こします。したがって日陰に植えた方が葉の斑の美しさが保てます。フイリヤブランの斑は黄色い斑や白い筋の斑があり、シェードガーデンが好きな外国人の愛好家もたくさんいます。

フイリヤブラン(斑入り藪蘭)実がなるのか?

フイリヤブラン(斑入り藪蘭)の開花は藪蘭より、1か月位遅いです。ムスカリに似た咲き方で小さなカップ状の花芽を棒状につけます。実はつきますがヤブランよりは少な目で、冬に鳥たちが競うようにヤブランの実を食べにやって来ます。

フイリヤブラン(斑入り藪蘭)の種類

ゴールドバンデッド

フイリヤブラン(斑入り藪蘭)の代表的な種類で葉が長く美しく、黄色やクリーム色の縦じまが入ります。花の色はうす紫色です。

シルバードラゴン

灰色がかった葉に白い筋が入った、おしゃれなシェードガーデンに向くフイリヤブラン(斑入り藪蘭)です。こちらの花色は薄いピンク色です。

ボタニ子

ボタニ子

つぎのページで育て方を伝えますね!

関連記事

Article Ranking