観葉植物の「レイアウト術5選」&インテリアにおすすめの「植物5選」をご紹介!

観葉植物の「レイアウト術5選」&インテリアにおすすめの「植物5選」をご紹介!

観葉植物とインテリアをうまくレイアウトしている部屋は、とてもおしゃれですよね。部屋のインテリアに馴染みやすい置き方やおしゃれな飾り方、人気の観葉植物を部屋にレイアウトするときのポイントや、おしゃれに見せるコツ、初心者でも育てやすい品種をご紹介します。

記事の目次

  1. 1.観葉植物とは?
  2. 2.観葉植物を飾るメリットは?
  3. 3.観葉植物の飾り方
  4. 4.観葉植物の飾り方①置いて飾る
  5. 5.観葉植物の飾り方②鉢やカバーにこだわる!
  6. 6.観葉植物の飾り方③ハンギングする
  7. 7.観葉植物の飾り方④壁掛けにする
  8. 8.観葉植物の飾り方⑤他の植物とコーディネートする
  9. 9.観葉植物と相性の良いインテリア
  10. 10.インテリアにおすすめの観葉植物
  11. 11.インテリアにおすすめの観葉植物①サンスベリア
  12. 12.インテリアにおすすめの観葉植物②パキラ
  13. 13.インテリアにおすすめの観葉植物③モンステラ
  14. 14.インテリアにおすすめの観葉植物④アイビー
  15. 15.インテリアにおすすめの観葉植物⑤アンスリウム
  16. 16.まとめ

観葉植物とは?

フリー写真素材ぱくたそ

観葉植物とは、葉の形や色、大きさ、模様などを見て楽しむ栽培植物の事です。種類もさまざまですが、室内など日陰で生育するものや、日当たりを好むものがいます。日本では昭和30年代の高度成長期に全国で都市化が進み、街から緑が減りました。そこで、集合住宅でも手軽に楽しめる観葉植物に注目が集まり、暮らしに定着するようになったようです。

観葉植物を飾るメリットは?

Photo byStockSnap

観葉植物を飾るとどんな良いことがあるのでしょうか? 観葉植物を飾るメリット(以下5つ)を、理由もあげてご紹介します。

  1. 空気をきれいにしてくれる
  2. 目の疲れを癒やしてくれる
  3. リラックス効果
  4. 部屋がおしゃれに見える
  5. 乾燥を防いでくれる

観葉植物を飾るメリット①空気をきれいにしてくれる

Photo byPexels

植物は光合成をします。光合成は、二酸化炭素を吸収し、酸素を増やすことです。観葉植物を部屋におくと、光合成の過程で、シックハウス症候群の原因になるアセトンなどの有害物質も、二酸化炭素と一緒に吸収してくれます。植物はマイナスイオンも発生するため、置いておくだけで空気清浄機のような役割をしてくれます。

観葉植物を飾るメリット②目の疲れを癒やしてくれる

フリー写真素材ぱくたそ

近年では、ほとんどの人がスマートフォンを持ち、タブレット端末やパソコンなど、とにかく目が疲れることが増えました。目が疲れた時に、「緑」を見ていると目の疲れが取れるといわれていますが、緑色は、気持ちを安定させ、心理的作用で緊張をほぐす色ともいわれています。リビングや寝室など、リラックスする場所に観葉植物を置くことで疲れ目も癒やされそうですね。

観葉植物を飾るメリット③リラックス効果

Photo bykaboompics

樹木には、「フィトンチッド」という香り成分があり、この成分には消臭や殺菌力があります。他にも、フィトンチッドには脳内のアルファ波発生を促進させ、自律神経を整える効果もあります。アルファ波は、人間がリラックスした時に脳内に発生するといわれ、緑に囲まれるとホッとしたり、癒やされるような感覚は、このフィトンチッドのはたらきによって起こるといわれます。

観葉植物を飾るメリット④部屋がおしゃれに見える

Photo bySkitterphoto

インテリアコーディネートは、さまざまなパターンやテイストがありますが、観葉植物などのグリーンアイテムを取り入れることで、優しい印象になったり、置き方やレイアウトを変えるだけで、シックな印象になったりと、どんな空間にも馴染み、おしゃれに見せてくれるのもメリットのひとつです。

観葉植物を飾るメリット⑤乾燥を防いでくれる

フリー写真素材ぱくたそ

部屋が乾燥すると、のどを痛めて風邪を引いたり、ドライアイになったり、肌も荒れがちになってしまいます。観葉植物は、水やりをすると根から吸い上げた水分を、葉から蒸散させるため、加湿器のような役割もしてくれます。

次のページ

観葉植物の飾り方

関連記事

Article Ranking