ボンザマーガレットの育て方!つぼみが枯れる・花が小さい時の対処法!

ボンザマーガレットの育て方!つぼみが枯れる・花が小さい時の対処法!

丸くボンボンのように咲き誇り、華やかでとても可愛らしいボンザマーガレットをご存知ですか?カラーバリエーションも豊富で鉢植えにもおすすめです。ボンザマーガレットの育て方を、つぼみが枯れる・花が小さい時の対処法と併せてご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ボンザマーガレットとは?
  2. 2.ボンザマーガレットの育て方
  3. 3.ボンザマーガレットの夏越し
  4. 4.ボンザマーガレットの冬越し
  5. 5.ボンザマーガレットの植え替え
  6. 6.つぼみが枯れるときの対処法とは?
  7. 7.花が小さい時の対処法とは?
  8. 8.気をつけたい病気と害虫
  9. 9.まとめ

ボンザマーガレットの夏越し

出典:写真AC

高温多湿な環境が苦手なボンザマーガレットの夏越しの方法です。

夏越しのポイント

春の花期前にたっぷりと肥料を与えて、丈夫な株を作っておきます。直射日光を避けて半日陰で管理、高温多湿にならないよう余計な葉や花後の処理をマメに行います。風通しを良くしてあげるのがポイントです。地植えの場合、日よけ対策をしてあげるのもおすすめです。夏越しが無事にできたら、秋の開花前にたっぷり肥料を与えてあげましょう。

ボンザマーガレットの冬越し

出典:写真AC

非耐寒性の植物ではありますが、冬越しは可能です。※ただし地域が限定されます。

冬越しのポイント

耐寒性はややあるものの、気温が0度以下になる地域では冬越しは難しいです。それ以外の地域であれば、雪や霜に当たらない場所で管理することで冬越しが可能です。移動ができない地植えの場合、ビニールをかぶせるなどの対策をしましょう。

ボンザマーガレットの植え替え

Photo byFree-Photos

鉢植えのボンザマーガレットは植え替えが必要です。

植え替えに最適な時期と植え替え方法

植え替えに最適な時期は、4月~5月です。霜に当たる心配がない季節に行いましょう。一回り大きめの鉢に植え替えます。植え替えは毎年行うのが理想です。

植え替えの手順

➀枯れた葉や枝は剪定します。
➁根の状態を確認し、腐っている根や細い根はハサミで切り取ります。
➂一回り大きい鉢に植え替えます。
➃水をたっぷり与えたら、根が定着するまで半日陰で管理し肥料は与えません。

つぼみが枯れるときの対処法とは?

出典:写真AC

せっかくつぼみを持ったのに枯れてしまう場合はどうしたらよいのでしょうか。

つぼみが枯れるのは日光不足

ボンザマーガレットは日光が好きな植物です。つぼみが枯れる・花がしおれるといった場合、日光不足が原因のことが多いです。枯れたつぼみは切り取り、直射日光に当てすぎないよう日当たりの良い場所で育ててみてください。

水やりにも注意が必要

花やつぼみは水に当たると腐れやすいです。水やりの際には、花やつぼみに水をかけないように注意しましょう。雨の日には軒下に移動させると良いです。

花が小さい時の対処法とは?

花は咲いたものの、なんだか少し小さく元気がないなという時はどう対処したらよいのでしょうか。

花に元気がないのは肥料不足

花が小さすぎる、花に元気がない、というような時は肥料不足が考えられます。そんな時は、液体の追肥を与えて様子を見ます。復活してきたら、月に1度を目安に固形肥料を与えると良いでしょう。

ハイポネックスジャパン ハイポネックス原液6-10-5 450ml

参考価格: 643円

出典: Amazon
Amazon643円
楽天

気をつけたい病気と害虫

高温多湿の時期に多い立ち枯れ病

出典:写真AC

茎や葉の部分に斑点が出ることでわかります。病気にかかったら抜き取るしかないので、予防が大切です。蒸れないよう風通しを良くするようにしましょう。

春~秋にかけて多い害虫アブラムシ

市販のアブラムシ用の殺虫剤で駆除します。放っておくと株が弱ってしまうので見つけ次第駆除しましょう。

夏越しの間に多い害虫ハダニ

ハダニは株の勢いが弱まっている夏越しの間に発生しやすい害虫です。葉の裏側に蜘蛛の糸のようなものがつきます。市販のハダニ用の殺虫剤で駆除しましょう。

まとめ

出典:写真AC

鉢植えでも地植えでも、置き場所や水やりの管理方法などを間違えなければ、初心者でも育てやすいボンザマーガレット。色とりどり、とても可愛らしく華やかな姿は、見ているだけで幸せな気持ちになりますね。

ほしの
ライター

ほしの

愛犬の柴ワンと観葉植物に日々癒されています。

関連記事

Article Ranking