オドリコソウ(踊子草)とは?特徴や花言葉・名前の由来などを解説!

オドリコソウ(踊子草)とは?特徴や花言葉・名前の由来などを解説!

オドリコソウと聞いても、あまり耳なじみがないかもしれません。本記事では、オドリコソウ(踊子草)の、特徴や花言葉・名前の由来などを解説します。また、生息地や分布、開花時期、仲間の近縁種についても見ていきましょう。観賞以外にも楽しむ方法にも触れていきます。

記事の目次

  1. 1.オドリコソウ(踊子草)とは
  2. 2.オドリコソウ(踊子草)の特徴
  3. 3.オドリコソウ(踊子草)の名前の由来
  4. 4.オドリコソウ(踊子草)の花言葉
  5. 5.オドリコソウ(踊子草)の仲間
  6. 6.まとめ

オドリコソウ(踊子草)とは

Photo byLichtsammler

オドリコソウ(踊子草)はシソ科に分類され、オドリコソウ属に属しています。多年草で、タイリクオドリコソウが基本種(原種)です。人工で作られたものではなく自然界に存在します。育てやすい「園芸品種」を作るために、交配や改良をするときの元になります。  

オドリコソウ(踊子草)の学名

Photo byHans

オドリコソウ(踊子草)の学名はLamium album var. barbatumです。種名のalbum(アルバム)は「白い」、小名のbarbatum(バァバツム)は「長い髭のある」、Lamium(ラミウム)は「咽喉」です。ギリシャ語が語源になっています。別名に、オドリバナ「踊花」・コムソウバナ「虚無僧花」の2つがあります。

学名についての補足

学名は世界で共通しています。生物の種、および分類に付けられる名前です。種の学名(種名)は属名と種小名の2つで構成され、この表現の方法を二名法と呼んでいます。命名には一定の規則があり、英語ではなくラテン語で表記されています。属以下の名が重ならないように、1つの種に対して学名は1つだけです。和名は日本独自の呼び名です。

オドリコソウ(踊子草)の生息地

フリー写真素材ぱくたそ

オドリコソウ(踊子草)は日本のどの地域に生息しているのでしょうか。また、どのような場所を好んでいるのか生育環境についても詳しく紹介していきます。

分布と生育環境について

オドリコソウ(踊子草)は日本の在来種で、沖縄を除く北海道・本州・四国・九州に分布しています。寒い北海道でも咲くことから、丈夫なことがうかがえるでしょう。国内だけでなく海外に目を向けると、朝鮮半島・中国の東アジア、さらにアフリカ大陸でも確認されています。約40種がユーラシア大陸に分布しているようです。主に野山・野原・半日陰のところに好んで生息しています。

オドリコソウ(踊子草)の特徴

オドリコソウ(踊子草)の花の蜜

Photo bys-ms_1989

オドリコソウ(踊子草)の花の中核となる部分には蜜があり、吸ってみると品のある甘さの蜜を堪能できます。また、科学実験の材料にも用いられますが、蜜はいいにおいではなく、どちらかというとやや臭いにおいです。いい香りをイメージしますが、現実はそうでないようです。

次のページ

オドリコソウ(踊子草)の食用と薬用の役割

関連記事

Article Ranking