ビワの木とは?特徴や育て方を紹介!縁起が悪いとの言い伝えはホント?

ビワの木とは?特徴や育て方を紹介!縁起が悪いとの言い伝えはホント?

ビワの木を育て方はご存知ですか?甘く美味しいビワが、家で収穫できたらいいですね。そんなビワの木の特徴や育て方をまとめてみました。また、ビワには縁起の悪い言い伝えがあることはご存知でしょうか。なぜ不吉な言い伝えがあるのか、こちらもご紹介します。

記事の目次

  1. 1.ビワの概要
  2. 2.苗木からの育て方
  3. 3.種からの育て方
  4. 4.挿し木での増やし方
  5. 5.ビワの木を育てるポイント
  6. 6.ビワの木の言い伝え
  7. 7.ビワの効能
  8. 8.まとめ

ビワの概要

Photo byulleo

夏のはじまり、オレンジ色をしたまんまるのビワを目にすることが多くなります。オレンジ色の皮をむくと、さらに鮮やかなオレンジ色をした実が現れます。とても甘くみずみずしいビワ。先ずはこのビワの特徴からご紹介しましょう。

ビワの木の特徴

出典:写真AC

ビワはバラ科ビワ属の植物です。バラ科の植物だからでしょうか。花の香りはとても良いものです。花の色は白く、枝の先端部分に群がって咲くのが特徴です。木はとても硬いのが特徴の1つです。葉は長楕円形をしており厚く硬く、表面がでこぼこしています。

ビワは自家結実性

また、ビワは自家結実性の果実です。自家結実性とは、木1本で実を付けることが可能な品種のことです。自分の花粉で受粉をし、果実をつけます。

名前の由来は楽器の「琵琶」から

ちなみに、「ビワ」という名前は葉の形が由来しており、「楽器の琵琶」に似ていることから名付けられたものです。

ビワの実の特徴

出典:写真AC
 ​​​​​​​

ビワは綺麗なオレンジ色をした、甘い果実です。実の表面には、うぶ毛と白い粉を付けているのが特徴です。実のわりに大きな種がいくつもあり、食べることができる果実の部分は少なめに感じてしまうかもしれません。新鮮なビワの見分け方としては、オレンジ色が濃く、皮にハリがあり、ヘタがしっかりとしていて、表面にうぶ毛と白い粉が付いたものが良いとされています。

ビワの旬

ビワの旬は栽培されている場所によって若干違ってきますが、4月~6月頃が一番多く出まわっています。このため、ビワは夏の季語として用いられてきました。また、花は11月頃から咲くため、冬の季語として用いられています。

ビワの生産地は?

ビワの出荷量が一番多いのは長崎県です。出荷されている量の約60%位の割合を占めています。次いで千葉県で多く収穫されています。最近ではハウス栽培もされており、1年を通して楽しむことができるようになりました。

苗木からの育て方

出典:写真AC
 ​​​​​​​

苗木からの育て方をご紹介します。早くビワの実を収穫したい!という方には、苗木から育てることをおすすめします。

苗木の植え付け

ビワは中性から弱酸性で、水はけの良い土を好みます。石灰と窒素分を必要としますので、簡単な方法としては牡蠣殻石灰を使用すると、pH調整も簡単にできます。土質はどのようなものでも構いません。鉢植えには、赤玉土と腐葉土を用意しましょう。根は酸素を好むので、苗木を深く植えないことがポイントです。枝が曲がって生育しないよう、支柱を立てることも必要です。

苗木から育てた時の収穫までの流れ

苗木を植えてから、収穫までの流れをまとめてみました。育てる時の目安にしてください。

1年目 苗木を植える
3年目 樹高が高くなってくるので剪定をする
5年目~6年目 収穫できるようになります

次のページ

種からの育て方

関連記事

Article Ranking