クロマツ(黒松)とは?特徴や育て方をご紹介!アカマツとの違いは?

クロマツ(黒松)とは?特徴や育て方をご紹介!アカマツとの違いは?

堂々とした風格を持つクロマツは、日本庭園や家庭の庭を引き立てる樹木です。植栽されるだけでなく日本の風習にも深く関わってきた樹木ですが、ここではクロマツの特徴を始め、人気のある盆栽の育て方やアカマツとの違いを紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.クロマツ(黒松)とは?
  2. 2.クロマツの特徴
  3. 3.クロマツの育て方「盆栽」
  4. 4.クロマツとアカマツ(赤松)の違い
  5. 5.まとめ

クロマツ(黒松)とは?

日本に自生するクロマツ(黒松)は、主に本州から九州の海辺でよく見られます。紅葉せず一年中葉は緑色で、樹木は高く成長するためクロマツは常緑高木とされ、海の近くでは造林や砂防といった実用目的で植栽されるほか、盆栽としても親しまれています。

基本情報

クロマツ(黒松)の基本情報

名前 黒松(クロマツ)
学名 Pinus thunbergii
分類
  • マツ科/マツ属
  • 常緑高木
生息地
  • 本州~九州
  • 海辺など
高さ 15m~40m
別名
  • 男松(オトコマツ)
  • 雄松(オマツ)
用途 造林・砂防・庭木
盆栽・並木・建築など

名前の由来

樹皮の色が黒味を帯びていることが名前の由来の黒松は、正月の門松の材料として古くから使用され、飾るさいは右に黒松を挿し、左に赤松を挿して飾ります。

クロマツの特徴

森林保護のための造林や砂の流出を防ぐ砂防、身近で親しむ盆栽や庭木など、さまざまな用途を持つクロマツ。その葉や樹皮、雄花や雌花、マツボックリなどにはつぎのような特徴があります。

特徴①葉

クロマツの葉の特徴

無数に伸びた枝の先のから針のような形をした線形の葉をたくさんつけ、鋭い先端を触るとチクチクした痛みを感じ、葉にはしなやかさと堅さがあります。深緑色の葉の中央はくぼんでいて、葉を切ると2つの陸があり断面が半月状になっています。

特徴②樹皮

クロマツの樹皮の特徴

樹皮の色は灰黒で名前の由来にもなり、樹齢を重ねた老木の樹皮はたくさんの深い亀裂が亀甲状にできています。若木のうちは樹皮にあまり裂け目がなく、亀甲状の裂け目は年数が経つにつれ深くなり、しだいに剥離していきます。

特徴③雄花

クロマツの雄花の特徴

クロマツは雌雄同株(雄花と雌花が同じ木に咲く)で、花は雌雄異花(雄しべと雌しべどちらかしか機能しない花)です。雄花の色は黄色で雌花よりも数が多く、その年にでた若い枝の下部に複数の雄花が固まってつきます。

特徴④雌花

クロマツの雌花の特徴

雄花、雌花ともに開花時期は4月~5月です。雌花の色は全体が赤紫色、または先が紫がかった緑色をしていて、つく場所は必ずしも雄花の上というわけではなく、雄花の下になることや、同じ枝にはつかないこともあります。

特徴⑤果実

クロマツの果実の特徴

雌花は花が終わると果実になり種をつけますが種をだすまでには2年半ほど月日がかかり、果実は最初白っぽい色から茶色に変わり、1年目の夏には緑色となって冬越し、2年半後の秋にようやく茶褐色になって開きます。成長した果実は大きさが5cmほどの円錐形で、卵のような形をしています。

特徴⑥マツボックリ

クロマツのマツボックリの特徴

花のあと2年半経って完熟したマツボックリ(果実)は、種鱗(うろこ状のヒダ)のあいだに種を2個つけます。マツボックリが湿気っているあいだは種鱗が開かず、乾燥すると鱗片が開いて種子が風に乗り飛びだします。

のイメージ
枝垂れモミジとは?庭のシンボルツリーにもなる樹木の概要と剪定方法を解説!
枝垂れもみじは和風・洋風どちらにも合わせられるシンボルツリーとして、また庭木として人気があります。新芽も赤い枝垂れもみじは、庭の印象を華やかにしてくれます。そこで本記事では枝垂れもみじの特徴と、失敗しない剪定方法や栽培方法を詳しく解説してあります。

つぎのページではクロマツの盆栽の育て方を紹介していきます。

関連記事

Article Ranking