秋の植物10選!実りの秋・収穫の秋といわれる季節の代表的な植物は何?

秋の植物10選!実りの秋・収穫の秋といわれる季節の代表的な植物は何?

日本の秋は、気候も過ごしやすく、紅葉を目で楽しみ、秋にしか食べられない秋の味覚を楽しんだりできます。秋の植物と言われると、皆さんは何を思い浮かべますか?今回は、秋を代表する、この時期ならではの植物や草木を紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.秋の代表植物10選!紅葉樹や季節の花を紹介します!
  2. 2.秋の代表植物①カエデ
  3. 3.秋の代表植物②イチョウ
  4. 4.秋の代表植物③コキア
  5. 5.秋の代表植物④ススキ
  6. 6.秋の代表植物⑤キンモクセイ
  7. 7.秋の代表植物⑥コスモス
  8. 8.秋の代表植物⑦ケイトウ
  9. 9.秋の代表植物⑧キキョウ
  10. 10.秋の代表植物⑨ヒガンバナ
  11. 11.秋の代表植物⑩キク
  12. 12.まとめ

秋の代表植物10選!紅葉樹や季節の花を紹介します!

Photo bypasja1000

日本の紅葉はとてもキレイで、観光スポットなども多くあります。そんなお出かけが楽しくなる時期の、日本の秋の代表ともいえる草木や、この時期に咲く季節の花をご紹介します。

秋の代表植物①カエデ

Photo byauntmasako

科目:ムクロジ科/カエデ属 紅葉時期:9月~12月はじめ(地域による)
葉の色:黃、オレンジ、赤など 原産地:日本、中国、北アメリカなど
樹高/草丈:5~25m 品種数:128種ほど
耐寒性:普通 耐暑性:弱い

カエデは、漢字で書くと「楓」です。カエデの名前は、葉の形がカエルの手の形に似ていることに由来します。日本を代表する紅葉樹といえば、カエデと言っても過言でないくらい、秋の景観には欠かせない存在です。カエデはムクロジ科カエデ属の樹木で、紅葉する時期は地域によって若干異なります。

カエデとモミジは同じもの?

Photo byStockSnap

モミジは、カエデの仲間の総称のことです。モミジは漢字で紅葉と書き、秋になると葉が赤く変化する現象のことを指しています。カエデの日本を代表する品種は「イロハモミジ」です。実際、カエデはカエデ属ですが、モミジは属名も、科目も持っていません。モミジは、品種の名前として使われています。

もみじの種類一覧!紅葉の季節に向けて、人気品種の見分け方を知ろう!のイメージ
もみじの種類一覧!紅葉の季節に向けて、人気品種の見分け方を知ろう!
「もみじ」と聞くと、手のひらのような形の葉が、秋に赤く色づいている風景を思い浮かべる方が多いのではないでしょか。実はもみじは、秋だけでなく春に紅葉する品種など、種類の多い樹木です。本記事では、おすすめのもみじの種類や特徴などをご紹介します。
イロハカエデとは?美しく紅葉する落葉樹の特徴を紹介!自宅で育てられる?のイメージ
イロハカエデとは?美しく紅葉する落葉樹の特徴を紹介!自宅で育てられる?
日本の秋を彩るイロハカエデの美しさは、今も昔も変わらず見る人の心に深い感動を与えています。紅葉する木と言えば真っ先に思い浮かぶのがこのイロハカエデですね。自宅に植えて紅葉を楽しみたいけれど難しそう…そんな方へ育て方や植物としての特徴をご紹介します。

カエデの花言葉

出典:写真AC
 

秋を代表する紅葉樹、カエデは、4月~6月ごろに可愛い小花を咲かせます。カエデの花言葉は「調和」「美しい変化」「大切な思い出」です。

秋の代表植物②イチョウ

Photo by T.Kiya

科目:イチョウ科/イチョウ属 紅葉時期:11月~(地域による)
葉の色:緑、黃 原産地:中国
樹高/草丈:15~45m 品種数:-
耐寒性:強い 耐暑性:普通

イチョウは漢字で書くと「銀杏」です。こちらも、日本の秋を代表する紅葉樹です。晩秋である11月ごろから緑の葉が黄色く紅葉し、その実は特徴的な匂いがあるぎんなん(銀杏)です。樹高は15mほどからとかなり高く、街路樹としてもよく見かけます。

街路樹でお馴染みのイチョウ

出典:写真AC

イチョウと言えば、日本では街路樹でお馴染みです。イチョウは、病気にも強く、害虫もつきにくい性質があり、成長も早い樹木です。耐寒性も強く、耐暑性も弱くないことから、簡単に育てることが出来ます。

イチョウの実は臭いけど美味しい

Photo by t-mizo

イチョウの実、銀杏(ぎんなん)は、独特のいやな匂いがありますが、フライパンなどで炒って食べると、とても美味しいです。秋の味覚としても有名ですね。銀杏にはカロテンやビタミンC、カリウムが豊富に含まれていて、疲労回復やむくみの改善などの効果も期待できます。

イチョウの花言葉

出典:写真AC

イチョウの花、ご存知ですか?見た目は花という感じではありませんが、写真の小さな薄黄緑色のつぶつぶしているもの。これが、イチョウの花です。イチョウの花言葉は「長寿」「荘厳」「鎮魂」ですが、青森県の北金ヶ沢のイチョウは、樹齢1000年以上と言われており、長寿という言葉がまさにぴったりです。

秋の代表植物③コキア

フリー写真素材ぱくたそ

科目:ヒユ科ホウキギ属 紅葉時期:10月~11月
花の色:黄緑→紅 原産地:アジア地方
樹高/草丈:50~100cm 品種数:-
耐寒性:弱い 耐暑性:強い

コキアの花はもともとは薄い黄緑色です。6月~8月ごろに開花し、10~11月ごろにかけて、紅葉し鮮やかな紅色になります。多湿を嫌い、水やりはあまり必要ない1年草です。肥料もあまり必要がなく、手がかからないので、初心者向けの草木です。庭に植えておくと手軽に紅葉を楽しめます。

コキアの花言葉

出典:写真AC

コキアは、草木全体が黄緑から紅色に一気に紅葉しますが、6月~8月ごろに、写真のように小さく可愛らしい花が咲きます。コキアの花言葉は、「恵まれた生活」「夫婦円満」「忍耐強い愛」です。

秋の代表植物④ススキ

フリー写真素材ぱくたそ

科目:イネ科ススキ属 開花時期:8月~10月
花(葉)の色:白 原産地:中国など
樹高/草丈:1m~2m 品種数:20種ほど
耐寒性:かなり強い 耐暑性:かなり強い

ススキは、イネ科の多年草です。漢字で書くと「芒」「薄」です。ススキには別名があり、花穂が動物の尾に似ていることから「尾花(オバナ)」とも呼ばれます。秋の七草のひとつで、十五夜ではススキを飾るのが風習です。夏から秋ごろに、20~30cmほどの白い花穂を付けます。

ススキの花言葉

ススキと言えば、穂先が白くふわふわした綿毛のイメージが強いかと思いますが、花穂は白くなる前この写真のようなかわいい黄色い小花を咲かせます。ススキの花言葉は「活力」、「心が通じる」です。

秋の代表植物⑤キンモクセイ

Photo by zunsanzunsan

科目:モクセイ科モクセイ属 開花時期:9月下旬~10月中旬
花の色:オレンジ 原産地:中国
樹高/草丈:5~6m 品種数:-
耐寒性:やや弱い 耐暑性:普通

キンモクセイは、漢字で書くと「金木犀」です。開花時期にはいい香りが漂い、残暑で暑い9月ごろ、秋の訪れを知らせてくれる季節の花です。キンモクセイの魅力は、ふわっと優しい香りです。キンモクセイの香りは、アロマテラピーでも人気で、リラックス効果や安眠効果が期待できます。

金木犀の開花時期はいつ?見頃の季節や観光名所なども紹介!のイメージ
金木犀の開花時期はいつ?見頃の季節や観光名所なども紹介!
金木犀は香りの高い花木として知られています。甘い香りを漂わせる花の開花時期はいつでしょうか。近年は、四季咲き金木犀のように年に2回咲く種類も増えました。ますます開花時期が不明だという人も多いでしょう。この記事では、金木犀の開花時期と観光名所などを紹介します。

キンモクセイの花言葉

Photo by coloredby

金木犀は、オレンジ色の小花が重なって開花します。その花は見た目も可愛らしく、秋の季節の花です。金木犀の花言葉は、「謙遜」、「気高い人」、「真実」です。

次のページ

秋の代表植物⑥コスモス

関連記事

Article Ranking