リプサリスの育て方!季節ごとの管理方法と上手な増やし方をご紹介!

リプサリスの育て方!季節ごとの管理方法と上手な増やし方をご紹介!

最近ユニークでおしゃれな観葉植物として注目されているリプサリス。実はとても丈夫で、いくつかのポイントさえ押さえれば育て方は意外と簡単です。今回はリプサリスの育て方や増やし方、リプサリスを取りいれたインテリアなどをご紹介します。

記事の目次

  1. 1.リプサリスについて
  2. 2.リプサリスの基本的な育て方
  3. 3.リプサリスの管理方法~春・秋
  4. 4.リプサリスの管理方法~夏
  5. 5.リプサリスの管理方法~冬越し
  6. 6.リプサリスの増やし方
  7. 7.インテリアグリーンとしてのリプサリス
  8. 8.リプサリスの種類
  9. 9.まとめ

リプサリスの管理方法~春・秋

Photo by salchuiwt

春と秋(4~6月、9~10月)はリプサリスの成長期に当たります。鉢の中の土が乾いたらたっぷりと水やりをし、1~2カ月に一度弛緩性の肥料を与えて成長を促しましょう。植え替えや株分け、挿し木や水挿しを行うのもこの時期です。冬越しを終えたばかりのリプサリスをいきなり屋外に出して直射日光に当てると葉焼けを起こすので、短い時間から少しずつ外の光に慣らしていきましょう。

リプサリスの花はどんな花?

 出典:写真AC
 

リプサリスの品種の多くは、春に白や薄黄色の花を咲かせます。その後、小さな丸い実を付け、それが種となって土に落ちると発芽することも。花だけでなく可愛い実を見られることや種の発芽の可能性は、リプサリスならではの楽しみの一つです。

リプサリスの管理方法~夏

フリー写真素材ぱくたそ

リプサリスの成長は、夏を迎えるころからゆるやかになります。夏場の育て方は、強い日差しを避け風通しの良い日陰か室内で管理し、水やりの回数は少なめ(月に1~2回程度)にすることです。昼間に気温が上がると鉢の中が蒸れて根腐れを起こし枯れる原因になるので、夕方気温が下がってくるタイミングで水やりをしましょう。

リプサリスの管理方法~冬越し

Photo byMyriams-Fotos

冬のリプサリスは休眠期に入り、成長が止まります。リプサリスの冬越しは、明るい室内に置いて水やりを極力控えるのが原則です。霜に当たると枯れるので、最低気温が10℃を下回るようになったら室内に取り込み、温かい部屋で冬越しをさせます。暖房器具の温風が直接当たると苗が弱り枯れるので、置き場所に注意が必要です。葉がしなびるようなら少量の水を与えたり、霧吹きで葉水をしながら冬越しをします。

リプサリスの増やし方

 出典:写真AC

リプサリスを増やす方法には

  • 挿し木
  • 水挿し
  • 株分け
  • 種撒き
があります。花が終わった後についた種は発芽しにくいため、挿し木や水挿しで増やすのが確実です。苗が大きくなりすぎたら、株分けで増やすこともできます。挿し木や水挿し、株分けは成長期の春と秋に行います。

挿し木で増やす

挿し木をする時はリプサリスの葉の継ぎ目の部分を切って、日陰の風通しのいい場所に2~3週間置いて乾燥させたあと、「バーミキュライト」や「葉挿し用の土」に挿しておきます。挿し木から新芽が出てきたら、根が出てきた合図。鉢に植え替えて普通の育て方をすれば、どんどん成長してくれます。切り口をしっかり乾燥させてから土に挿すことが、挿し木を成功させるコツです。

あかぎ園芸 バーミキューライト(バーミキュライト) 18L 5袋 【人気 おすすめ 通販パーク】

参考価格: 4,119円

出典: Amazon
Amazon4,119円
楽天

水挿しで増やす

水挿しは土を準備する必要もなく成功率も高いので、挿し木よりも手軽で簡単な増やし方です。水挿しの方法は挿し木と同様にリプサリスの茎を継ぎ目で切り、そのまま空き容器に水を入れて挿しておくだけ。先端から白い根が生えて来たら、土に植えましょう。

リプサリスの水栽培

ワインやウイスキーのボトル、100円ショップで売っているビーカーなど、透明でおしゃれな容器にリプサリスを水挿ししてキッチンやリビングに置くだけで、素敵なインテリアになります。発根した後はそのまま水栽培ができるので、忙しくて植え替えができなくても安心です。玄関やトイレなど、家の中のいろんな場所にさりげなくリプサリスの水挿しを置くことで、空間の雰囲気ががらりと変わります。

株分けで増やす

挿し木や水挿しに比べると少し大変ですが、大きくなりすぎたリプサリスを株分けで増やすこともできます。苗を鉢から抜いて根についた土を苗を落とし、根を痛めないよう気をつけながら適度なまとまりの株に分け、植え替えと同じ要領でそれぞれの鉢に植えていきます。株を分ける時折れた茎は、そのまま挿し木や水挿しに使用できます。

次のページ

インテリアグリーンとしてのリプサリス

関連記事

友だち追加

Article Ranking