セントーレアとは?その代表的な品種と特徴をご紹介!上手な育て方は?

セントーレアとは?その代表的な品種と特徴をご紹介!上手な育て方は?

ピンクや黄色などいろいろな色があるセントーレアは、可憐な姿が印象的な花です。寒さに強く冬越ししやすいので育て方が簡単で、こぼれ種で増えていくので、ガーデニング初心者にもおすすめです。そんなセントーレアがどんな花か、どんな品種があるのか、育て方などを紹介します。

    記事の目次

    1. 1.セントーレアってどんな花?特徴は?
    2. 2.宿根と多年草、一年草の違い
    3. 3.セントーレアの代表的な品種は?
    4. 4.セントーレアの育て方は?
    5. 5.まとめ

    セントーレアってどんな花?特徴は?

    Photo bydjohlen

    「セントーレア」は、初夏から夏にかけて咲く花です。細い花びらを徐々に広げながら咲くのですが、その姿が繊細かつ可憐で、とても印象的です。育て方が簡単なうえに、庭に植えるとこぼれ種で増えていくので、よい環境で育てると成長や変化を楽しむことができます。また、セントーレアは、「宿根矢車菊」という名前で販売されていることもあるので、「矢車菊」の名前で親しんでいる方もいます。

    セントーレアの特徴

    花の見ごろは5月~8月と暑い時期で、花の色は種類によって、青やピンク、黄色など、いろいろな色があります。背丈は人の膝から腰ぐらいと、そんなに高くないので、高い木や草花、バラなどのツル性植物の下に植えて、楽しむ人も多いです。また、ちょっとしたアクセントになるので、玄関ポーチの表札の下などに植えている方もいます。

    最適な環境

    成長するのに最適な気温は、5℃~25℃です。日当たりがよい場所か少し日陰になるぐらいの場所で、風通しのよい場所だと元気に育ちます。寒さに強く、マイナス10℃でも耐えられるので、冬越しの心配はあまり必要ありません。逆に、暑さと湿度に弱いので、環境や地域によっては夏越ししづらく育て方が難しい植物です。

    セントーレアの原産地・分布

    セントーレアの原産地は、ヨーロッパやアジアの西あたりで、そこから徐々に広まっていき、今ではアフリカなど世界中の広い地域に分布しています。ただ、暑さと湿度に弱いので、暑い地域では育てるのが難しくなります。

    セントーレアの品種

    品種は、数百種類もありますが、日本に流通しよく販売されているのは、モンタナやギムノカルパ、マジックシルバーなどといった品種です。販売店によって、モンタナは「宿根矢車菊」、ギムノカルパは「ピンクダスティミラー」、マジックシルバーは「キャンディッシマ」という名前で販売されています。

    セントーレアって、矢車菊とは違うの?

    セントーレアは、キク科の中のヤグルマギク属の仲間で、「宿根矢車菊」とも呼ばれています。よく矢車菊として販売されているものの多くは「一年草矢車菊」で、セントーレアとは少し違う種類です。少し、わかりづらいかも知れないので、簡単に説明します。

    宿根と多年草、一年草の違い

    宿根草とは

    宿根草は、多年草のうちの一つの種類で、何年も生育と開花を繰り返します。冬になると土から上の部分は枯れていますが、土の中の部分は休眠しています。冬越したら、春に再び生育し開花するというサイクルを繰り返します。ちなみに、「宿根草」を「やどねぐさ」と読む方もいますが、本来は「しゅっこんそう」と読みます。

    多年草とは

    多年草とは、宿根草を含む総称で、数年繰り返して成長し、開花をする植物です。多年草には、宿根草のように上部が枯れた状態で冬越しする種類と、「常緑」といって土から上の部分が一年中枯れずに、葉が緑のままの種類があります。

    一年草とは

    一年草とは名前のとおり、発芽から生育、開花、結実、枯死までが、一年間のサイクルの植物のことで、園芸店などで矢車菊としてよく販売されているのは、この一年間だけ楽しめる一年草矢車菊のことです。一方、セントーレアは、冬は上部が枯れた状態で冬越しし、春になると生育、開花し、これを繰り返すことから、宿根矢車菊とも呼ばれています。

    関連記事

    Article Ranking