手入れのいらない庭木10選!管理が簡単な庭木をランキング形式で紹介!

手入れのいらない庭木10選!管理が簡単な庭木をランキング形式で紹介!

庭木に何を植えるかお悩みではありませんか?できればあまり手入れのいらない庭木が助かりますね。そこで今回は「手入れのいらない庭木ランキング10」をお届けします。手入れが簡単で、ガーデニングでも人気のおすすめの庭木をご紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.庭木の選び方
  3. 3.庭木には常緑樹がおすすめ
  4. 4.手入れのいらない庭木ランキング10!
  5. 5.手入れのいらない庭木1位シマトネリコ
  6. 6.手入れのいらない庭木2位常緑ヤマボウシ
  7. 7.手入れのいらない庭木3位オリーブ
  8. 8.手入れのいらない庭木4位金木犀(キンモクセイ)
  9. 9.手入れのいらない庭木5位南天
  10. 10.手入れのいらない庭木6位マサキ
  11. 11.手入れのいらない庭木7位ミモザ(銀葉アカシア)
  12. 12.手入れのいらない庭木8位コニファー
  13. 13.手入れのいらない庭木9位ソヨゴ
  14. 14.手入れのいらない庭木10位沈丁花(ジンチョウゲ)
  15. 15.まとめ

手入れのいらない庭木5位南天

Photo by h_okumura

そして第5位の庭木は南天です。「難を転じる」という意味で、古くから日本の庭先に植えられている常緑低木です。のど飴の原料としても知られていますね。和風の庭に合う、赤い実のなる植物です。

南天の特徴

Photo byJamesDeMers

南天の木は常緑低木なので、あまり大きい木は植えられないという方にもおすすめです。また実がなる木を植えたいという方にも向いているでしょう。冬に赤い実をつけますので、冬のさびしい庭に色をそえてくれます。大きさは大体1~3mくらいの低木になります。

南天の育て方

南天はとても丈夫で育てやすく、古くから日本の庭で人気の庭木です。半日陰を好みますが、日陰でも育ちます。ただし日陰だと実の付きは悪くなるので、注意が必要です。寒さにも強く、庭に植えた場合は基本的に水やりは不要です。和風の庭のシンボルツリーにしてもよいでしょう。

手入れのいらない庭木6位マサキ

Photo by harum.koh

続いては生け垣でおなじみのマサキです。古くから日本の庭で、生け垣として親しまれている常緑樹ですので、目にしたことがある方も多いことでしょう。マサキは生け垣としての庭木をお探しの方、実がなる木がいい方、そこまで大きくならない木を探している方におすすめの庭木です。

マサキの特徴

Photo by harum.koh

マサキは昔から日本で親しまれており、江戸時代から品種改良が行われています。斑入りのものや、低木のもの、新葉が黄色のオウゴンマサキなど、様々な種類があります。花は薄緑色の控えめな花ですが、赤に近いオレンジ色の実を冬につけます。一年中つややかな緑の葉が美しい常緑樹です。

マサキの育て方

マサキは耐暑性も耐寒性も強く、初心者でも育てやすい庭木です。海の近くに自生していることもあり、海風や大気汚染にも比較的強い樹木です。日当たりがよい場所を好みますが、半日陰でも充分に育ちます。病害虫を防ぐため、風通しをよくしてあげたほうがよいですが、目隠しの生け垣として利用している場合はそこまでたくさん刈り込めないので、剪定のバランスが少し難しいでしょう。

手入れのいらない庭木7位ミモザ(銀葉アカシア)

Photo byjackmac34

第7位は、ミモザ(銀葉アカシア)です。黄色の鮮やかな花が美しく、花屋さんなどで売っていてもおしゃれな印象があります。イタリアでは3月8日に女性にミモザの花を贈る風習もあります。(ただし、ヨーロッパで「ミモザ」という場合はフサアカシアを指すことが多い)おしゃれな洋風のガーデニングのお庭に、ぴったりのシンボルツリーになることでしょう。

ミモザ(銀葉アカシア)の特徴

Photo by kanonn

ミモザの特徴は、早春に咲く黄色のふわふわした鮮やかな花です。また銀葉の名の通り、銀灰色の美しい葉も特徴の1つです。ヨーロッパでは春の訪れを告げる花として知られ、フランスでは「ミモザ祭り」というお祭りも開かれます。近年、日本の花屋さんでも目にする機会が増えてきました。5~10m程度の大きさになる、常緑高木です。

ミモザ(銀葉アカシア)の育て方

ミモザの幹は比較的柔らかく曲がりやすいので、支柱や添え木で支えてあげるとよいです。耐寒性はありますが、耐えられるのは-5℃程度までですので、関東より北の地域では鉢植えのほうがよいでしょう。数ある庭木の中では比較的手間のかからないほうですが、今回ご紹介するランキング中では手をかける必要があると言えます。ただ手間に見合った美しい花が見られるでしょう。

ボタニ子

ボタニ子

次は、おすすめの庭木8位から紹介するよ!

次のページ

手入れのいらない庭木8位コニファー

関連記事

Article Ranking