「すずな」とは?春の七草ともされる食材の概要と美味しい食べ方を紹介!

「すずな」とは?春の七草ともされる食材の概要と美味しい食べ方を紹介!

春の七草で知られるすずな。根にも葉にも栄養が豊富で、からだにとてもいい効能がつまった食材です。簡単に栽培でき、家庭菜園にも人気です。すずな以外の名前や、可愛らしい花の花言葉、栽培方法や特徴、美味しい食べ方までご紹介します。

記事の目次

  1. 1.すずなとは?
  2. 2.すずなの特徴
  3. 3.すずなの花言葉
  4. 4.春の七草とは?
  5. 5.すずなの栄養素と効能
  6. 6.すずなの美味しい食べ方
  7. 7.まとめ

すずなとは?

出典:写真AC

「すずな」とはカブの別の名前で、春の七草のひとつです。すずなは「菘」、「鈴菜」という漢字で表記される事があります。すずなの名前の由来は諸説ありますが、「すず」は錫製(すずせい)の容器の形に似ていることが由来という説と、鈴の形に似ていることが由来という説など、さまざまです。なお、春の七草でのすずなは白い根の部分ではなく、葉の部分を指しています。

すずな(カブ)の名前いろいろ

Photo bycongerdesign

すずなはカブの事ですが、カブは沢山の名前があることが特徴で、「菘、鈴菜(すずな)」「カブラ」「カブラナ」「豊菜(ホウサイ)」「大頭菜(ダイトウナ)」など、数々の名前があります。カブという名前の由来は、諸説ありますが、頭を意味する「かぶり」から来ている、根を意味する「株」などあり、江戸時代では漢語で、蕪菁(ブセイ)、蔓菁(マンセイ)、扁蘿蔔(ヘンラフク)などと呼ばれ、実に様々な名前があります。すずな、かぶらは冬の季語としても知られ、白い根を雪に例えた和歌が多く詠まれていました。

すずなの特徴

出典:写真AC
 ​​​​​​​

すずな(カブ)は、アブラナ科の根菜です。世界中で栽培されていますが、分類上はアフガニスタン由来のアジア系と、中近東から地中海沿岸由来のヨーロッパ系の2種に分かれています。世界的にも歴史の古い野菜として知られ、日本でも古くから食べられています。日本では、現在主要産地は千葉県、埼玉県です。根は品種によって様々な特徴・形状や色があります。

根の特徴

出典:写真AC
 ​​​​​​​

すずな(カブ)の品種は80種類ほどと言われていて、根が肥大する根菜ですが、根の部分の形状や、色も様々なので特徴をまとめてみました。

根の形状 球、円筒、円錐、ナシ型など
根の色 白、黄、紅、紫、灰白など変化が多い
栽培環境 冷涼な気候を好む 耐寒性が強い

色によって食べ方が違う?

出典:写真AC
 ​​​​​​​

よく見かける白いカブは、煮物や浅漬け、ぬか漬けや生食も可能です。赤いカブは漬物で見かける事が多いでしょう。黃カブは西洋カブなので、シチューなど煮込む料理に向いていて、紫カブは色鮮やかなのでピクルスやサラダなどにも用いられます。色によって産地が異なっていたりしますが、カブ自体アクの少ない野菜なので、薄くスライスすれば生食が可能なものが多いです。

家庭菜園でも人気のすずな

Photo by TANAKA Juuyoh (田中十洋)

すずなの花。アブラナ科なので、菜の花に似ています。

すずな(カブ)は連作障害があるため、同じ場所での栽培は1~2年避けます。3月中旬~5月ごろに種まきする「春まき」と、8月下旬~10月上旬ごろ蒔く「秋まき」があり、いずれも種まきから45日~50日程度で収穫可能になるのが特徴で、家庭菜園でも人気の野菜です。アブラムシがよくつきやすいので、虫の対策や、土を乾燥させたり雨が続くと根が裂けてしまうため、注意が必要になります。また、収穫時期が遅れると根が肥大し裂けてしまうため、あまり大きくなる前に収穫するのがコツです。

すずなの栽培注意点

  • 連作障害有り。1~2年は同じ場所での栽培を避ける
  • アブラムシや虫の対策が必要
  • 収穫時期が大事

すずなの花言葉

出典:写真AC
 ​​​​​​​

すずなは野菜ですが、その花には花言葉があります。すずなは菜の花にとても似ている黄色い小さい花をたくさん咲かせます。すずなの花言葉は「慈愛」「晴れ晴れと」です。この花言葉の「晴れ晴れと」は、青い空に鮮やかな黄色の花を咲かせるすずなにはピッタリです。また「慈愛」という花言葉は、すずなにはからだに優しい栄養素が豊富な特徴から由来します。

次のページ

春の七草とは?

関連記事

友だち追加

Article Ranking