ジュズサンゴとは?特徴や剪定方法・増やし方など上手な育て方を解説!

ジュズサンゴとは?特徴や剪定方法・増やし方など上手な育て方を解説!

ジュズサンゴは、赤いサンゴのような可愛い実がなります。初夏から秋にかけて長い間、数珠のように連なる花と実を同時に楽しめるのが長所です。害虫、病気にも強く初心者にもおすすめの植物です。今回は、ジュズサンゴの上手な育て方、増やし方、楽しみ方など詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.はじめに
  2. 2.ジュズサンゴ(数珠珊瑚)とは
  3. 3.ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の特徴
  4. 4.ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の開花時期
  5. 5.ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の育て方
  6. 6.ジュズサンゴ(数珠珊瑚)の増やし方
  7. 7.ジュズサンゴの楽しみ方
  8. 8.おわりに

ジュズサンゴの楽しみ方

ジュズサンゴは、地植えのお庭や鉢植えなどのガーデニングで楽しむ以外にも活用方法があります。白い花や赤い実が持つ鮮やかさ、可愛らしさをフル活用しましょう。さまざまなアイディアで、さらに楽しむことができます。ここではいくつかの楽しみ方をご紹介します。

1.リースの飾りとして楽しむ

ジュズサンゴは、クリスマスや新年の時期に活躍します。とくに西洋では、真っ赤な小さな実はクリスマスの雰囲気や華やかさを装飾的に演出してくれるので、クリスマステーブルの飾り立てや壁掛けのリースに使うなどして楽しまれています。

2.和風アレンジにして楽しむ

日本でも、赤い実がつく植物は縁起物として重宝されています。お正月飾りの南天の実にも似ていることから和風アレンジを楽しみたいときにもピッタリです。生け花、盆栽、または花瓶にさして楽しみましょう。ジュズサンゴを剪定した際、切った枝などを一輪挿しにして、お部屋に飾るのも風情があります。ぜひ有効活用しましょう。

3.寄せ植え栽培で楽しむ

ジュズサンゴは、そのまま一種だけを植えるのではなく、寄せ植えにしても見栄えがよい植物です。和風のお花や山野草とも相性がよいので、山野草との地植えでの寄せ植えにもピッタリです。また、品種を選んでコンパクトに鉢植えで寄せ植えすれば、和洋どちらのお部屋にも合うインテリアとして飾れます。

バスケットに入れて楽しむ

コンパクトに小さな鉢植え栽培をするならば、持ち手のあるバスケットに鉢を入れることで、アンティークヨーロッパ調のインテリアとして、観葉植物としても楽しめます。その時々の気分や環境で、お部屋に飾ったり、お庭や玄関などに移動したりと持ち運びが簡単です。

おわりに

Photo by Tatters ✾

ジュズサンゴは、つややかな赤い実に目が行きがちですが、実がなる前の小さな白い花の姿もまた可憐で魅力的です。とても丈夫で病気の心配などもほとんどないので、とても育てやすい植物でしょう。飾り方のアイディア次第で、ブーケや切り花など、おしゃれなインテリアとしても十分に活躍してくれるので、ますます栽培する楽しみが増えるでしょう。

LOl NAWOKO
ライター

LOl NAWOKO

自然と花のある日常、ベランダガーデニングに日々癒されながら、猫好き、魔女志望、好奇心がとまらない。

関連記事

Article Ranking