危険な毒草・有毒植物14選!触る・食べるのがNGな猛毒植物とは?

危険な毒草・有毒植物14選!触る・食べるのがNGな猛毒植物とは?

身近な植物や美しい植物の中にも非常に有毒なものがあります。触ったり食べると恐ろしい苦痛を憶えたり死亡するような例もあり、毒の種類も食中毒から麻痺毒や神経毒、火傷のような被害にあうものもあります。ここではそのなかでも特に怖い有毒植物を紹介していきます。

危険な毒草・有毒植物一覧!

キョウチクトウの毒を蓄えるオオゴマダラ

要注意!! 植物の毒で死に至る!

山に入ると鮮やかで妖艶な花が咲いていることがあり、思わず触れてみたくなることもありますよね? でも、すぐに触ってはいけません。なかには、触るだけでも大怪我をする植物があります。また、安全なはずの住宅の中の植物にも猛毒を含んだものがあります。知らずに触ったり食べたりすることで死んでしまったり、死ななくても病院で救急手当を受けなければならない場合があります。ここでは、中でも特に恐ろしい植物をあげていきます。

14位 スイセン 

可憐な花

Photo byNickyPe

スイセンは美しい花で種類も豊富です。庭の花壇にもよく植えられて、春を告げる花の一つです。よい香りがあり、切り花や生け花にしても見栄えの良い花です。ギリシャ神話のナルキッソスが泉に映る自分の姿に見とれて、動けなくなりついには美しい花になってしまいます。その花がスイセンなのです

死に至る毒

しかしスイセンは恐ろしい毒のある花なのです。葉はニラによく似ていて畑などで混在してしまうと間違える危険性があります。スイセンを食べると、おう吐や下痢、頭痛などを起こし、酷い場合には昏睡状態に陥り死に至ることもあります。葉をニラと間違えるだけでなく、球根をタマネギと間違えて中毒を起こした例もあります。

水仙(スイセン)の花言葉は?ナルシストという意味とも関係がある?のイメージ
水仙(スイセン)の花言葉は?ナルシストという意味とも関係がある?
水仙は、凛とした花姿と甘い芳香で早春の訪れを告げる花です。そんな水仙の花言葉をご存知でしょうか。今回は水仙の概要や誕生花、種類や品種、水仙全般の花言葉や種類別・色別の花言葉、そして花言葉の由来となったギリシャ神話の伝説など、水仙に関する情報を紹介します。
水仙(スイセン)が見頃の季節は?自生地やおすすめスポットを紹介!のイメージ
水仙(スイセン)が見頃の季節は?自生地やおすすめスポットを紹介!
冬の季節になると、黄色や白の美しい花を咲かせる水仙。地中海が原産の植物ですが、日本にも水仙が楽しめるスポットはたくさんあります。今回は水仙の特徴や水仙が見られるおすすめスポット、場所ごとの見ごろの季節についてご紹介するので、おでかけのご参考にしてください。

13位 ヒガンバナ

真っ赤な美しい花

Photo bykazuphotos

秋のお彼岸の頃に、真っ赤な花を群生させる美しいヒガンバナを見たことがあるでしょうか?群生地でなくても、田んぼのあぜや個人の庭などで見かけると、赤い色が印象に残る、とても身近な花です。植えっぱなしでも増えていくので、自然の中でも群生が見られます。球根にはデンプンが豊富に含まれているので、戦時中食料が手に入らなかったときはイモと同じくらいに大切なエネルギー源でした。

麻痺毒で死を招く

ところがヒガンバナは非常に有害な花なのです。花が咲いていない葉だけのときは野菜のノビルやアサツキによく似ています。誤ってヒガンバナを食べると吐き気、下痢、麻痺などの症状が現れ、ひどい場合は中枢神経にまで麻痺が起こり死に至ることもあります。ヒガンバナの毒に対する解毒剤はありません。催吐薬や下剤を投与しての対症療法を行うしか方法はないのです。

ヒガンバナの薬用効果

恐ろしいヒガンバナですが、人間にとって大いに役立ってきました。ヒガンバナの球根は、毒抜きをして食料や漢方薬として利用されてきたのです。消炎作用や利尿作用があり、むくみやあかぎれ、関節痛を改善する効果があります。近年ではアルツハイマー型認知症の薬に利用されるようになり、今後その効果が期待されています。

彼岸花の育て方!植え替えの仕方・夏場・冬場の管理・増やし方まで!のイメージ
彼岸花の育て方!植え替えの仕方・夏場・冬場の管理・増やし方まで!
秋のお彼岸の時期になると、あちこちに真っ赤な彼岸花が咲きます。この彼岸花を自宅でも咲かせたいけれど、育て方が分からないという方も多いのではないでしょうか。そんな方へ、植え替えの仕方や季節別の管理の方法、増やし方まで、彼岸花の育て方について詳しく説明します。
彼岸花の名所42選!有名な群生地や各地の隠れスポットをご紹介!のイメージ
彼岸花の名所42選!有名な群生地や各地の隠れスポットをご紹介!
秋のお彼岸頃、田畑のあぜ道や川辺などで彼岸花を見かけることがあるでしょう。真っ赤な彼岸花は、吸い込まれるような不思議な魅力がある花です。日本各地に彼岸花の名所があります。この記事では、日本全国の彼岸花の名所をご紹介します。
白い彼岸花って珍しい?花の色が白い理由と花言葉について詳しく紹介!のイメージ
白い彼岸花って珍しい?花の色が白い理由と花言葉について詳しく紹介!
9月半ばのお彼岸ごろに田んぼの畔や道端でぱっと鮮やかな赤が目を引く彼岸花。彼岸花の色は「赤」という印象が強いですが、中には白い色の彼岸花があります。この白い彼岸花は珍しいのかどうか、花の色が白くなる理由や花言葉など、白い彼岸花の特徴や秘密をご紹介します。

12位 ジャイアント・ホグウィード 

観賞用植物として世界に広まる

ジャイアント・ホグウィードは、西アジアが原産で鑑賞用の植物として、西ヨーロッパやアメリカに持ち込まれました。草丈は2メートル以上に及び、レースのような花は幅が75センチメートルにもなります。珍しさで人気を博しました。ジャイアント・ホグウィードはたちまち野生化して、川岸や道端で多く見られるようになったのです。

触れるだけで大火傷

ところがジャイアント・ホグウィードは非常に有害な草花だったのです。毒のある樹液に触ってしまうと細胞にまで浸透し、ひどい火傷のような症状と水ぶくれになります。傷はひどい苦痛を伴い、傷跡は数か月からなんと数年までも残り、長い年月痛みに耐えなければなりません。さらに、樹液が目に入ると失明するほど怖い植物なのです。

11位 ジギタリス 

外観からは想像できないほどの毒性

出典:写真AC

ジギタリスは愛らしい色と形で、その花畑には見とれてしまうほどです。ところがこの花は毒のある非常に有害な植物なのです。食べると、嘔吐、胃腸障害、めまい、不整脈などの中毒症状を起こし、最悪の場合は死に至ります。ジギタリスによる中毒事件は欧米を中心に発生しており、日本でもジギタリスの葉を誤食したことにより死亡したケースもありました。

なぜ栽培された?

そんな恐ろしい事件もありながら、ジギタリスは栽培され続けてきました。それは長い間、薬として大切に育てられてきたからです。心臓病や打ち身、切り傷の薬として利用価値がありました。現在では化学合成の薬に取って代わられ、使われていません。それだけでもジギタリスの愛好家は多く、今でも観賞用に作られています。

10位 ドクウツギ

日本三大有毒植物 (3位)

ドクウツギは日本三大有毒植物のひとつで、沖縄を除く日本全国の山地や河川敷に自生しています。赤や紫色をした美味しそうなこの実は、食べると甘く非常に美味です。しかし、味わった後には痙攣、呼吸困難、内臓出血を起こします。ドクウツギは神経毒を含み、死に至る怖い植物なのです。昔は山で遊ぶ子供があまりに美味しそうなので、食べてしまって死ぬことも多くあったそうです。

ドクウツギとは?自生地や特徴・見分け方を紹介!毒がある部位はどこ?のイメージ
ドクウツギとは?自生地や特徴・見分け方を紹介!毒がある部位はどこ?
ドクウツギは日本三大有毒植物とされていますが、トリカブトやドクゼリと比べると、あまり詳しく知られていません。そこで、ドクウツギの特徴やその毒について、また「ウツギ」と名の付く植物の違いや見分け方についても詳しく解説します。
ボタニ子

ボタニ子

次のページでは、ドクニンジンから紹介!

次のページ

9位 ドクニンジン

関連記事

Article Ranking