オオアレチノギクとは?ヒメムカシヨモギとの見分け方や駆除方法をご紹介!

オオアレチノギクとは?ヒメムカシヨモギとの見分け方や駆除方法をご紹介!

オオアレチノギクは在来植物ではなく海外から渡来した植物で、今では日本各地に自生していますが、オオアレチノギクは農作物やほかの植物の成長を脅かす存在でもあります。ここでは花や葉の特徴からヒメムカシヨモギとの見分け方、駆除の方法を紹介していきます。

    オオアレチノギクの特徴

    Photo by Macleay Grass Man

    基本情報

    学名 Conyza sumatrensis
    和名 大荒地野菊
    区分 キク科イズハハコ属
    原産地 南アメリカ
    生息地 荒地・空き地・道端
    開花時期 8~10月頃

    オオアレチノギクの原産地

    原産地は南アメリカ

    オオアレチノギクはパナマ海峡より南側に位置した南アメリカ原産の植物で、日本に入ってきたのは昭和初期以前。海外からほかの植物と共に人間の手によって持ち込まれて野生化し、昭和の始めに帰化植物と認定されました。

    オオアレチノギクの花の特徴

    花の直径3~3.5cm、長さは5~6センチ

    無数に枝分かれした茎の先端ひとつひとつに花芽をつけ、つぼみは円錐形で成長するにつれ下ぶくれ状に膨らみ、花が咲く頃になると上部が開いて円筒形になります。花の直径は3~3.5cmで、付け根から花の先までの長さは5~6センチほどになります。

    花びらは白や淡褐色で舌状花

    ガクに隠れてあまり目立ちませんが花びらの色は白や淡褐色で、形はキク科の植物によく見られる舌状花になっています。たくさんの花びらがあるように見えて、じつは数枚がくっつき1枚の花弁になっている花びらのことを舌状花と言います。

    オオアレチノギクの茎と葉の特徴

    茎の高さは1~2m

    灰みがかった緑色の茎は成長すると高さが1~2mになり、上部になるほど枝分かれしますが葉の数は少ないです。地表からまっすぐに伸びる茎には細かな短毛があり、短毛は虫の食害や外的損傷から茎を守る役目をしています。

    葉は灰みがかり、びっしりと短毛がある

    葉も茎と同じうっすらと灰色をおびた緑色で、葉の両面には茎の短毛より短い毛がびっしりとはえています。地中に近い根葉はロゼット状(円を描くよう)にはえ、切れ込みが浅く数も少ないギザギザ(鋸歯)が葉の縁にありますが、茎上部の小さな葉や生えたばかりの葉にはギザギザがありません。

    オオアレチノギクの綿毛の特徴

    綿毛は風に乗って種を運ぶ

    ガクの中で育つ1~1.5mmほどの果実から、長さ約4mmほどの冠毛が数十本はえています。開花時期のガクはあまり開きませんが、花が枯れてからガクが開き冠毛も広がって丸い綿毛状になります。綿毛はすっかり乾燥すると風に乗って飛び、種を運ぶ役目をはたします。

    オオアレチノギクの生息地

    生息地は荒地・空き地・道端など

    オオアレチノギクは荒地や空き地、道端などに多く生息し、野生化したものが東京で確認されたのは1920年頃。今では本州から九州地方の広い範囲でみられ、旺盛な繁殖力で農作地や牧草地にも自生し、在来植物を駆逐する恐れがあることから問題となっています。

    オオアレチノギクは要注意外来種

    日本の侵略的外来種ワースト100に選ばれている

    「侵略的外来種」とは動植物の生態系や人間の活動に対して害となる影響を与える植物や生物のことで、オオアレチノギクは日本の侵略的外来種のワースト100に選定されています。法律によって輸入や栽培が規制され、必要に応じて防除される外来生物法のリストにも入っています。

    のイメージ
    ノボロギクとは?その特徴や生態をご紹介!雑草としての駆除方法は?
    梅雨が明けると一気に伸びてくる厄介な雑草。その一つにノボロギクという植物があります。名前に聞き覚えがなくても誰もが一度はその姿を見たことがあるはずのノボロギク。今回はそんなノボロギクの生態や分布、雑草としての駆除方法をご紹介します。

    つぎのページでは、オオアレチノギクの仲間を紹介しますlaugh

    関連記事

    Article Ranking