ミントテロを起こしうる植物14選!地下茎の増殖・繁殖力の危険性を知ろう!

ミントテロを起こしうる植物14選!地下茎の増殖・繁殖力の危険性を知ろう!

ミントテロとは、ミントの爆発的な繁殖力を悪用した嫌がらせ行為を指す言葉です。しかし、ミントテロのような事態を引き起こす危険性を持つ植物はほかにも多数存在します。ミントテロが起きる理由やミントなみに危険な植物、ミントテロの対策方法などを見ていきましょう。

記事の目次

  1. 1.ミントテロとは?
  2. 2.ミントを植えるとミントテロになる理由
  3. 3.ミントテロに匹敵する危険植物14選
  4. 4.ミントテロ・植物テロの対策方法
  5. 5.どうしてもミントを育てたい場合は?
  6. 6.しっかり栽培管理してミントテロを防ごう

危険植物④ドクダミ

Photo by karitsu

科名・属名 ドクダミ科ドクダミ属
草丈・樹高 20cm~40cm
開花時期 5月~6月

ドクダミ(蕺草)は古くから日本に自生していた多年草です。雑草扱いが一般的ですが、一方で「十薬(じゅうやく)」という別名を持つほど、すぐれた効能を持つ薬草として重宝されてきました。しかし独特のにおいがあり、付着するとなかなか取れないため、においがつかないよう扱う際には注意が必要です。

ドクダミテロと呼ばれる繁殖力と適応力

ドクダミの地下茎は横に広がり、増殖する性質を持っています。ドクダミの生命力と繁殖力はミントと同等といわれるほど強いです。環境適応力が高く、コンクリートの割れ目でも育ちます。ちぎれた根からでも再生して繁殖するため、防除が難しい雑草としても有名です。この強い生命力と繁殖力から、ドクダミが大量増殖すると「ドクダミテロ」と呼ばれています。

どくだみの効能まとめ!十薬と呼ばれる万能薬の成分や薬効をご紹介!のイメージ
どくだみの効能まとめ!十薬と呼ばれる万能薬の成分や薬効をご紹介!
どくだみというと優れた薬効を持っているとして有名な植物で、その名前を知っている人も多いでしょう。多くの効能を持っている薬草であるのは間違いありませんが、その詳細については広くは知られていません。そこで、この記事では、どくだみがどんな植物なのか詳しく紹介します。
どくだみの効率的な駆除方法まとめ!地下茎や根っこまで退治するコツは?のイメージ
どくだみの効率的な駆除方法まとめ!地下茎や根っこまで退治するコツは?
一度増えてしまうと駆除が大変などくだみ。重曹や熱湯、ミントを使用せず確実に根っこや地下茎を根絶する方法をご紹介します。雑草退治に効果的な人気の除草剤サンフーロン・やラウンドアップマックスロードの特徴など、どくだみ駆除にお悩みの方は必見です。

危険植物⑤カタバミ

Photo by NakaoSodanshitsu

科名・属名 カタバミ科カタバミ属
草丈・樹高 10cm
開花時期 4月~10月

カタバミ(酢漿草、片喰)は庭や路上でよく見かける雑草です。クローバーに似たかわいらしい花と葉から、可憐なイメージがありますが、実際はかなり強い生命力と繁殖力をそなえています。種と地下茎、さらには「ほふく茎」と呼ばれる茎からも増えるため、繁殖するスピードが速く、根絶が難しい雑草としても有名です。

家紋の由来にもなった繁殖力

Photo by haru__q

片喰紋です。

カタバミは家紋のデザインに用いられていることでも有名です。「片喰紋(かたばみもん)」といいます。カタバミが家紋に用いられたのは、カタバミの持つ強い繁殖力が由来です。強い繁殖力で、どんな場所でも群生するカタバミの様子に「どんなことがあっても、家が栄え続いていくように」「子孫繁栄」という願いを託しました。

カタバミとは?特徴やよく間違えられるクローバーとの違いを紹介!のイメージ
カタバミとは?特徴やよく間違えられるクローバーとの違いを紹介!
カタバミとクローバーは同じ3枚の小葉を持つ植物なので、よく間違えられます。しかし、カタバミとクローバーには明確な違いがあるのです。この記事では、カタバミの特徴とクローバーの特徴、両種の違いや見分け方を紹介します。見分けるときの参考にしてください。
カタバミ(酢漿草)とは?黄色い小さな花の特徴や種類をご紹介!のイメージ
カタバミ(酢漿草)とは?黄色い小さな花の特徴や種類をご紹介!
カタバミはクローバーに似た葉をつけるありふれた雑草です。開花時期には小さな黄色い花をつけ、その仲間には白やピンク色の可愛らしい花をつけるものもあります。この記事では身近な雑草であるカタバミの特徴やどのような利用方法があるのか紹介していきます。

危険植物⑥アイビー

フリー写真素材ぱくたそ

科名・属名 ウコギ科キヅタ属
草丈・樹高 ~10m以上(つるの長さ)
開花時期 9月~12月

観葉植物として有名なアイビーは、常緑性つる性植物の性質を活かして、グランドカバーに利用することも多いです。寒さにも暑さにも強いので手間がかからず、葉が美しいため、おしゃれなグランドカバーとして人気があります。ただし繁殖力が強いので、管理を怠るとミントテロのように、収拾がつかない事態に陥る恐れがあるので注意しましょう。

庭に植える場合は数年先を考える

Photo byRyanMcGuire

アイビーはグランドカバーとして庭に植える場合、植える場所を考える必要があります。つる性植物のアイビーは放置していると、家屋の外壁やほかの樹木に絡みつき、覆ってしまう可能性があるからです。場合によっては窓やコンクリートを壊して生えることもあります。アイビーの成長後、つまり数年先の光景を予想し、成長し過ぎないようにしっかり管理することを心がけましょう。

アイビーの育て方!冬場の室内管理や寄せ植えの仕方など解説!のイメージ
アイビーの育て方!冬場の室内管理や寄せ植えの仕方など解説!
ガーデニング初心者でも、アイビーの名をご存知の方は多いでしょう。英名のヘデラと呼ばれることも多く、特徴のあるかわいらしい葉をしています。アイビーは種類も豊富で育て方も簡単。寄せ植えではお花を引き立ててくれますよ。そんなアイビーの詳しい育て方をご紹介します。
ヘデラ(アイビー)の育て方!伸びすぎた時の剪定方法や植え替えの仕方は?のイメージ
ヘデラ(アイビー)の育て方!伸びすぎた時の剪定方法や植え替えの仕方は?
ヘデラは緑と白のコントラストが美しいツル性の観葉植物です。そんなヘデラをうまく育てるにはどうしたらよいでしょうか。ヘデラの詳しい育て方と、伸びすぎたとき剪定の仕方、植え替えや寄せ植え、増やし方についてその方法を解説していきます。

危険植物⑦シソ

Photo by yamatsu

科名・属名 シソ科シソ属
草丈・樹高 70cm~80cm
開花時期 8月~9月

シソ(紫蘇)は、日本を含めた東アジア地域を原産とする植物です。栄養豊富で強い殺菌作用を持つことから、食用と薬用の両方に用いられています。日本でも平安時代から栽培されていました。独特の清々しい香りがあることから、和製ハーブとも呼ばれています。

和製ハーブテロと評される繁殖力

シソは基本的に種で増える植物です。しかし生命力が強く、こぼれ種からでも発芽し成長します。さらに、一度育てば葉が生い茂り、縦にも横にも大きくなる植物です。このため、庭に植えて管理を怠ると、あっという間に増殖してしまいます。その様子はまさに「和製ハーブテロ」といえるでしょう。

植物テロにもっとも利用されるミントも、シソ科の植物です。

大葉(しそ)の上手な保存方法!長持ちさせるコツは?冷凍がおすすめ?のイメージ
大葉(しそ)の上手な保存方法!長持ちさせるコツは?冷凍がおすすめ?
大葉(しそ)の上手な保存方法をご紹介します。そのままでは日持ちしにくい大葉も、ちょっとした工夫で長持ちさせることが可能です。冷凍、冷蔵、乾燥などの保存方法や、簡単に作れる大葉を使った保存食のレシピなどをわかりやすく解説します。
シソ(紫蘇)の育て方!種まきから収穫するまでの栽培のコツをご紹介!のイメージ
シソ(紫蘇)の育て方!種まきから収穫するまでの栽培のコツをご紹介!
すっきりとした香味が人気で、刺身のつまなど薬味としてもおなじみのシソ(紫蘇)。シソは栄養価が高く、抗酸化作用や殺菌作用もあります。育て方も簡単で、プランターや鉢でも栽培可能です。今回はシソ(紫蘇)の育て方について、種まきから収穫までの栽培のコツをご紹介します。

危険植物⑧オキザリス

Photo by NakaoSodanshitsu

科名・属名 カタバミ科カタバミ属(オキザリス属)
草丈・樹高 5cm~15cm
開花時期 春咲き:3月~5月、夏咲き:6月~9月、
秋咲き:10月~2月

オキザリスはカタバミの仲間で、世界中の熱帯~温帯と、非常に多くの地域に分布している植物です。約800種類~850種類と種類が多いため、形状や開花時期など、種類・品種によって特徴や性質が異なります。花が可憐で草丈が低く、丈夫で手間もかからないため、グランドカバーにも利用されています。

見た目に反して繁殖力旺盛

見た目は愛らしいオキザリスですが、カタバミの仲間というだけあって、実際は雑草顔負けの生命力と繁殖力を持つ植物です。ミントと同じく、地下茎(球根)でどんどん増殖していきます。ちぎれた根からも繁殖できるため、根ごと株を引き抜く方法では根絶は難しいでしょう。

オキザリスとは?夏・冬越しの仕方や増やし方など育て方のコツを紹介!のイメージ
オキザリスとは?夏・冬越しの仕方や増やし方など育て方のコツを紹介!
オキザリスはカタバミの仲間の小さな球根植物で、カタバミに似た強さと素朴なかわいらしさがあります。個性的な多肉質の品種や、華やかな園芸品種などが人気です。今回はオキザリスの増やし方、夏越しや冬越しのコツ、の人気品種などを紹介します。
オキザリスの育て方!水やりなど管理のコツや分球での増やし方を解説!のイメージ
オキザリスの育て方!水やりなど管理のコツや分球での増やし方を解説!
オキザリスはカタバミ科に分類されており、世界中に800〜850種類もの品種が分布しています。育て方も簡単で、花壇の寄せ植えやグラウンドカバーなどに利用されている球根植物です。そんなオキザリスの特徴や育て方、分球での増やし方などを詳しく紹介します。

危険植物⑨ハマスゲ

出典:写真AC

科名・属名 カヤツリグサ科カヤツリグサ属
草丈・樹高 15cm~40cm
開花時期 7月~9月

ハマスゲ(浜菅)は海岸の砂浜やグランドなど、乾いた場所によく生える雑草です。昔は地下茎を乾燥させたものが、生薬として用いられていました。浜辺で見ることが多い雑草ですが、内陸部でも見られます。アスファルトを押し上げて生えるほどの成長力を持ち、芝生内に生えると芝を枯らしてしまうほど増殖します。

根絶が難しい強雑草

ハマスゲは地下茎とほふく茎を持つため、「引き抜きにくく根絶が難しい」という非常に厄介な性質を持っています。刈り取りにも強く、地上部をばっさりと刈り取っても、すぐに再生します。繁殖力もすさまじいです。夏の間に1つの塊茎(かいけい:地下茎の一部)から300以上の新しい塊茎を生みます。この塊茎を切っても、切断面から新しい芽が出るため、かえって増殖させてしまうので注意しましょう。

ハマスゲとは?難防除雑草といわれる理由と、効果的な駆除方法をご紹介!のイメージ
ハマスゲとは?難防除雑草といわれる理由と、効果的な駆除方法をご紹介!
皆さんはハマスゲと聞いてピンときますか。その姿を見ると毎日駆除している憎き雑草だとわかります。ハマスゲの駆除方法は皆さん知りたい情報ではないでしょうか。そこで本記事では、ハマスゲの効果的な駆除方法を丁寧に解説していきます。

危険植物⑩葛(クズ・カズラ)

出典:写真AC

科名・属名 マメ科クズ属
草丈・樹高 10m
開花時期 8月~9月

葛(クズ)は荒れ地や道端などに生える雑草です。日本では古来より根の部分から葛粉(くずこ)を、根、花、葉から生薬を、つるから繊維材料を作っていました。「秋の七草」の1つとされ、俳句や和歌では秋の季語として扱われています。

世界の侵略的外来種

葛は食用にも薬用にもなる植物として重宝されてきた一方で、管理を怠ると、低木林ならたちまち覆いつくしてしまうほどの成長力がある雑草として恐れられています。除草剤に強く根絶が難しいことと、若い樹木に絡みつくと、枝を曲げて木の成長を阻害してしまうことから、IUCN(国際自然保護連合)から「世界の侵略的外来種ワースト100」の1つに選定されました。

葛の効能とおいしい食べ方!体にうれしい貴重な根っこの利用法とは?のイメージ
葛の効能とおいしい食べ方!体にうれしい貴重な根っこの利用法とは?
漢方薬の葛根湯はの原料となる葛には体にうれしい効能を活かす食べ方があります。葛湯はその代表的な料理法です。吉野葛で知られる葛のおいしい食べ方や料理法、葛根湯の働き、つる性の雑草としての特徴など葛についてを詳しく解説します。
ケイピンエースとは?葛(クズ)を枯らす除草剤としての効果や使い方を紹介!のイメージ
ケイピンエースとは?葛(クズ)を枯らす除草剤としての効果や使い方を紹介!
ケイピンエースは、草刈りではほとんど効果のない葛(クズ)を根こそぎ枯らすおすすめの除草剤です。使い方も一般的な除草剤と違いユニークな使い方をします。そこでケイピンエースの驚くべき葛除草剤としての効果や使い方のポイントなどをわかりやすく解説します。

次ページは「ミントテロに匹敵する危険植物14選・危険植物⑪ヤブガラシ」だよ。

次のページ

ミントテロ・植物テロの対策方法

関連記事

Article Ranking