1月が旬の野菜13選!1月が食べ頃の食材と美味しい食べ方をご紹介!

1月が旬の野菜13選!1月が食べ頃の食材と美味しい食べ方をご紹介!

1月に旬を迎える野菜と聞いても、ピンとこないかもしれませんね。でも、寒い冬の定番である鍋物には野菜がたっぷり。多くの野菜が食べごろを迎えるんですよ。1月に旬を迎える野菜の定番の食べ方から、マイナーな冬野菜まで。お正月明けの体を整える色んな野菜を紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.甘味が強い冬野菜
  2. 2.春の七草にも冬野菜や山菜がずらり
  3. 3.1月が旬の青野菜1:白菜
  4. 4.1月が旬の青野菜2:春菊
  5. 5.1月が旬の青野菜3:キャベツ
  6. 6.1月が旬の青野菜4:ほうれん草
  7. 7.1月が旬の青野菜5:水菜
  8. 8.1月が旬の青野菜6:ネギ
  9. 9.1月が旬の青野菜7:かつお菜
  10. 10.1月が旬の根野菜1:大根
  11. 11.1月が旬の根野菜2:れんこん
  12. 12.1月が旬の根野菜3:くわい
  13. 13.1月が旬の根野菜4:ヤーコン
  14. 14.1月が旬の花野菜1:ブロッコリー
  15. 15.1月が旬の花野菜2:ふきのとう
  16. 16.まとめ

1月が旬の根野菜1:大根

出典:写真AC

冬に食べ頃を迎える根菜と言えば、やはり大根でしょう。生でも加熱しても美味しく食べられ、更に保存性も高いのが人気の秘訣。低カロリーながらボリュームがあり、更に消化を良くするジアスターゼが豊富なので、ダイエットにもおすすめの食材です。

大根基本情報
学名 Raphanus sativus
和名 ダイコン
11月~2月

大根を切ると中身が黒い?この原因と理由を解説!食べることはできる?のイメージ
大根を切ると中身が黒い?この原因と理由を解説!食べることはできる?
買ってきた大根を切ってみたら、中身が黒い!という経験はありませんか?中身が真っ白な大根のはずが、黒い斑点やスジが入っていたら、ぎょっとしてしまいますよね。今回はその黒ずみの原因や理由、食べることができるか、そうならない為の適切な保存方法を解説します。
大根の辛いところはどこ?その見分け方と辛い部分に適したレシピを紹介!のイメージ
大根の辛いところはどこ?その見分け方と辛い部分に適したレシピを紹介!
大根の辛いところは人によって好みが分かれる部分です。苦手な方は料理に使いやすい部分を知っておくと調理が楽になりますよ。大根が辛い理由や辛い大根の見分け方、辛いところを使ったおいしいレシピなど、大根をおいしく食べるコツをご紹介します。

冬の大根は煮崩れしにくく柔らかい

出典:写真AC

夏の大根は繊維が固く辛味が強いため、食べ方としては薬味が向いています。一方冬の大根は、柔らかく甘みが増す上に煮崩れしにくくなります。そのため、煮物で食べるのが一番おすすめです。また、辛味の少なさからサラダにも向いています。

大根の煮物のレシピ

  • 1:大根は皮をむき、厚めの半月切りにします
    2:米の研ぎ汁を使って、大根を下茹でします
    3:柔らかくなったら取り出し、流水でよく洗います
    4:きれいな鍋に戻したら、かぶる程度の水・酒・みりん・砂糖・醤油を入れて火にかけます
    5:沸騰したら落し蓋をして、弱火で20分ほど煮れば完成です

1月が旬の根野菜2:れんこん

出典:写真AC

れんこんは、蓮の地下茎です。花が咲くのは夏なので寒い季節にはあまり目立ちませんが、泥の下では栄養を蓄えたれんこんが食べ頃になっています。古くから、穴が空いていることで見通しがいい縁起ものとされ、お正月の定番食材の一つとして利用されてきました。

れんこん基本情報
学名 Lotus root
和名 レンコン
9月~3月

れんこんのカロリーは高い?低い?おすすめの食べ方や注意点をご紹介!のイメージ
れんこんのカロリーは高い?低い?おすすめの食べ方や注意点をご紹介!
野菜というと「ヘルシーな食材」、という印象を受けませんか?根菜類であるれんこんは、本当にヘルシーな野菜なのでしょうか。いろいろな根菜類・葉菜類などと、カロリーを比べてみました。また、カロリーの他に、れんこんの栄養成分もまとめてみました。

油や醤油との相性が抜群

出典:写真AC

れんこんは脂肪分を含まないため、油との相性が非常にいいです。秋のれんこんは柔らかいため、揚げ物などにむいています。一方冬のれんこんは、身がしまっているので煮物向きです。特にお正月のお煮しめには欠かせないことからもわかるように、鶏肉との相性は抜群です。

れんこんのきんぴらのレシピ

  • 1:れんこんは輪切り、ないし半月切りにします
    2:フライパンに胡麻油を炒め、種をとった鷹の爪とともにれんこんを炒めます
    3:色が変わってきたら、砂糖・みりん・醤油を加えます
    4:煮詰まってきたらすりごまを加えて完成です

1月が旬の根野菜3:くわい

出典:写真AC

くわいは、ホクホクとした食感が魅力の根菜です。大きな芽が伸びることから、「芽が出る」縁起がいい食べ物として、お正月のおせちには定番の食材です。一方、お正月以外の時期ではマイナーな野菜ですが、その触感を生かしてご当地コロッケなどにも利用されています。

煮るときも揚げるときも丸のまま使って

出典:写真AC

特徴的な形を活かすため、芽を取らずに丸のまま調理したい所です。食感が魅力の食べ物ですから、煮物にするときには火の通し過ぎに注意。柔らかくなってきたら火を止め、煮汁の中でじっくりと余熱で味を染み込ませるのが食べ方のポイントです。油で揚げると、栗に似た甘さが楽しめますよ。

くわいの素揚げのレシピ

  • 1:洗ったくわいは薄皮を取り、水気を拭きます
    2:180度の油で5~6分揚げたら完成です

1月が旬の根野菜4:ヤーコン

出典:写真AC

ヤーコンはさつまいもに似た形をしていますが、どちらかと言えばごぼうの仲間です。また、デンプン質でもありません。かわりにフラクトオリゴ糖が豊富に含まれており、梨に近い触感が持ち味の食べ物です。マイナーな食べ物と思われがちですが、安い上に栄養価が高く、低カロリー。「究極のダイエット野菜」として、近年注目を集めています。

ヤーコン基本情報
学名 Smallanthus sonchifolius
和名 ヤーコン
10月~12月(収穫)・11月~2月(出荷)

きんぴらがおすすめだが生でも食べられる

ヤーコンの定番レシピは、きんぴらです。基本的にはれんこんと同じ食べ方ができますが、ヤーコン自体に強い甘みがあるため、砂糖は控えめにしてください。また、サラダもおすすめです。ただし生で食べる場合は、切ったらすぐに水にさらしてアク抜きをする必要があります。

ヤーコンの梅マヨネーズサラダのレシピ

  • 1:ヤーコンは皮をむき、短冊切りにして酢水にさらします
    2:梅干しの種を取り、叩いておきます
    3:マヨネーズに梅干しと醤油を混ぜ、ヤーコンを加えて和えれば出来上がりです
ボタニ子

ボタニ子

次のページでは、寒いお正月ごろに食べ頃を迎える花野菜をご紹介します。

次のページ

1月が旬の花野菜1:ブロッコリー

関連記事

Article Ranking