1月が旬の野菜13選!1月が食べ頃の食材と美味しい食べ方をご紹介!

1月が旬の野菜13選!1月が食べ頃の食材と美味しい食べ方をご紹介!

1月に旬を迎える野菜と聞いても、ピンとこないかもしれませんね。でも、寒い冬の定番である鍋物には野菜がたっぷり。多くの野菜が食べごろを迎えるんですよ。1月に旬を迎える野菜の定番の食べ方から、マイナーな冬野菜まで。お正月明けの体を整える色んな野菜を紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.甘味が強い冬野菜
  2. 2.春の七草にも冬野菜や山菜がずらり
  3. 3.1月が旬の青野菜1:白菜
  4. 4.1月が旬の青野菜2:春菊
  5. 5.1月が旬の青野菜3:キャベツ
  6. 6.1月が旬の青野菜4:ほうれん草
  7. 7.1月が旬の青野菜5:水菜
  8. 8.1月が旬の青野菜6:ネギ
  9. 9.1月が旬の青野菜7:かつお菜
  10. 10.1月が旬の根野菜1:大根
  11. 11.1月が旬の根野菜2:れんこん
  12. 12.1月が旬の根野菜3:くわい
  13. 13.1月が旬の根野菜4:ヤーコン
  14. 14.1月が旬の花野菜1:ブロッコリー
  15. 15.1月が旬の花野菜2:ふきのとう
  16. 16.まとめ

甘味が強い冬野菜

出典:写真AC

冬に食べ頃を迎える野菜は、甘みが強いという特徴があります。これは、野菜が寒い冬から身を守っているため。砂糖水が0度では凍らないのと同じで、自ら糖度を増すことで凍りにくくしているのです。食べ方を工夫することで、たくさん食べられるようになりますよ。

冬が旬の野菜・果物20選!冬に食べるとより美味しい栄養満点の食材は?のイメージ
冬が旬の野菜・果物20選!冬に食べるとより美味しい栄養満点の食材は?
みなさんは冬が旬の野菜、果物といえば、どんな食べ物を思い浮かべますか?近年ではハウス栽培が多くなり、1年中季節問わずにいろんな野菜が入手できて、何が旬なのかわかりにくいですよね。今回は、冬に食べると美味しい、冬が旬の野菜や果物を20種類ご紹介します。

冬野菜は油と合わせよう

出典:写真AC

明治時代の薬剤師であった石塚左玄は、「春は苦味、夏は酢の物、秋は辛味、冬は油。季節に適した食べ方をしなさい」という言葉を残しています。寒さに打ち勝つ体作りのためにも、冬はこってりとした味わいが向いています。煮物やシチューなど、しっかり目の味付けにしてあげると、子供でも食べやすくなります。

春の七草にも冬野菜や山菜がずらり

出典:写真AC

1月7日に食べる七草粥は、年が明ける頃にいち早く芽吹く植物たちで無病息災を祈るため、江戸時代に広まった習慣です。また、あっさりとした食べ物であるお粥を食べることで、お正月の食べ物で疲れた胃を休めるという大切な役割もあります。

春の七草は冬野菜の宝庫

出典:写真AC

七草粥に使う春の七草、全部言えますか?「セリ(芹)・ナズナ(ぺんぺん草)・ゴギョウ(ハハコグサ)・ハコベラ(ハコベ)・ホトケノザ(タビラゴ)・スズナ(蕪)・スズシロ(大根)」です。どれも冬野菜や山菜ですね。寒い冬を乗り越えるため、身の回りにある食材を積極的に利用していたのです。

「すずな」とは?春の七草ともされる食材の概要と美味しい食べ方を紹介!のイメージ
「すずな」とは?春の七草ともされる食材の概要と美味しい食べ方を紹介!
春の七草で知られるすずな。根にも葉にも栄養が豊富で、からだにとてもいい効能がつまった食材です。簡単に栽培でき、家庭菜園にも人気です。すずな以外の名前や、可愛らしい花の花言葉、栽培方法や特徴、美味しい食べ方までご紹介します。
蘿蔔(すずしろ)とは?春の七草ともされる食材の効能や食べ方をご紹介!のイメージ
蘿蔔(すずしろ)とは?春の七草ともされる食材の効能や食べ方をご紹介!
昔から春の七草のひとつに数えられる、蘿蔔(すずしろ)。春の七草以外ではあまり聞いたことのない名前ですが、じつは現代の私たちにも身近な植物なのです。その蘿蔔の名前の由来から、栄養や効能、さらには美味しい蘿蔔の見分け方、食べ方まで、くわしくご紹介します。
ボタニ子

ボタニ子

食材の種類が少ないイメージがある冬ですが、色んな野菜が食べ頃を迎えます。次のページでは、まず1月が旬の青野菜をご紹介します。

次のページ

1月が旬の青野菜1:白菜

関連記事

Article Ranking